パスワード【コチラは旧ブログです】
ひらめき新しいサイトはコチラ!
http://ameblo.jp/ralios/


2006年11月10日

【灰色の記憶シリーズ】 キス

【灰色の記憶シリーズ】は、「オトコの女々しさ」を綴る創作コーナーです。
---------------------------------------------------------------------

「キスしてもいい?」


そう僕が問いかけると、彼女はそっとうなずいた。
道頓堀の薄暗いベンチで、ふたりは唇を重ねた。



その夜のこと、彼女は覚えているだろうか。



待ち合わせ場所で、お互いを見つけたふたりは笑顔で手を振り合った。
「おいしいワインでも飲みに行かない?」と僕がいつもの調子で言うと、
「うん。行く」と彼女はいつもの笑顔で答えた。


店に入るとグリコのネオンが見える窓際の席に通された。そして、甘口の白
ワインが好きな彼女のために、ドイツワインのフルボトルを開けた。


「乾杯」


グラスを重ねる音が、静かな店内に響く。
しばらく他愛のない話をしたあと、僕は切り出した。


「今夜はどんな気持ちでここに来たの?」
「え…」 彼女は一度口ごもったけれど、勇気を振り絞るように口を開いた。
「この前電話で話したこと、ちゃんと逢って話さなくちゃって思ったから」
「オレがどんな想いを伝えても、今こうしていつものように逢っていても、
気持ちは変わらないのかな」
「うん…」
「そうか…」


僕は窓の外を見つめた。グリコのネオンが手を広げて笑っている。


「もう一度ゼロからやり直してみない?」


彼女は黙ったまま左手に持ったワイングラスを見つめていた。
その沈黙こそが、彼女の答えだった。彼女の頬をつたう涙を、僕は見ないふりをした。


「終電まで少し時間があるよ。外を歩こうか」
「そうね…」


初めてのデートも道頓堀だった。あの夜、僕が彼女の手をつかむと、彼女も握り返してきた。今夜も、僕は彼女の手をつかんだ。


「どうして道頓堀の水は濁ってるか知ってる?」
「ううん。知らない」
「みんなが捨てていく悲しい思い出を隠すためだよ…」
「またそんなこと言って…」 彼女はクスっと笑った。少し悲しげな顔をして。


しばらく歩いてから、ふたりはベンチに座った。
僕は、初めてそうした時と同じように、彼女の髪を優しくなでた。


「キスしてもいい?」


そう僕が問いかけると、彼女はそっとうなづいた。
道頓堀の薄暗いベンチで、ふたりは唇を重ねた。


誰も、それが最後のキスだとは思わなかっただろう。


「今までありがとう。オレは世界一幸せだった。ありきたりだけど、絶対幸せになれよ」
「うん。こんなあたしを好きになってくれてありがとう。あたし、あほやね…。あなたの愛忘れないよ」



これが、ふたりのラストシーン…。



★さよならに向かって走る御堂筋
★なぜ泣くの君が終わりを告げたのに
★この胸で泣けとグリコが手を広げ
posted by ラリオス at 19:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 灰色の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27181639

この記事へのトラックバック

レストラングルメ必見!お得情報!
 
「ラリオスの紹介で来た!」と言えば、ワンドリンクサービス!
 
※ mixiで紹介をしたら、シェフから直々に「ワンドリンクサービス」のコメントをいただきました。
 
1088613289_169.jpg 1091495595_155.jpg 1091495595_73.jpg 1091495595_19.jpg
 
■店名:フリーウィル
■住所:大阪市淀川区三国本町1-16-1新大阪パークハイム1F
■アクセス:阪急三国駅から徒歩5分
■電話:06-6398-0536
■新作メニュー続々! とにかく何でもウマイ。そして、オーガニック。イベントも盛りだくさん。
■時間帯によっては、シェフの楽しいお話が聞けるかもexclamation&question 働く人がみんなステキなお店です。
■HP:http://www.willing1101.com/freewill/home.html

 

ブログランキングに参加しています。よろしければ、『こも えすた うすて?』を応援してください♪
↓クリックするとランクアップ!

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

拙い作品(川柳や日記)ばかりですが、著作権は放棄していません。
どうぞ無断転載・無断転用はご遠慮ください。
お借りしている素材や写真、引用文などの著作権はその作者に帰属します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。